T-BODY腹痩せ専門骨盤コンディショニング|大阪

ウォーキング、
筋トレでお腹が痩せない理由

これまであなたは痩せようと色々な努力をしてきたと思います。

  • 食事制限
  • 筋トレやウォーキング
  • サプリメント

これらの方法では腹痩せ効果は期待できません。
それには理由があるのです。

それは人類の進化の過程2億5千万年前までさかのぼります。
もともと哺乳類になる以前の私たちのご先祖にはお腹にまで肋骨がありました。
しかし1億年かけてお腹まであった肋骨を取り去り腹腔を手に入れたのです。

その理由は地球温暖化。

地球温暖化で酸素が低濃度となり、
少ない酸素を効率的に取り入れるために1億年かけて横隔膜を作り腹式呼吸ができるようにしたのです。
酸素を効率よく取り入れることで酸素濃度を低い状態でも生き残これるようになったと言われています。

それが進化の幕開けで骨がない腹腔が広がりお腹の中で子供を育てられるよになりました。
哺乳類の誕生です。

これらのことが食事制限や筋トレでお腹やせが期待できないヒントとなってきます。

お腹部分の骨を取り去りより多くの酸素を取り入れることでできるようになりましたが、お腹の中の大切な臓器を何かで守らないといけません。
胸は肋骨で外から衝撃を守ってくれますが、骨がない腹部は筋肉で守らないといけません。
しかし腹部の筋肉が弱ってくると体は他のもので防御します。

それは贅肉です。

贅肉の正体は中性脂肪で断熱とクッションの役目です。
だからお腹の筋肉が弱くなると腹部を贅肉で守ろうするのです。

食事制限でダイエットしても臓器を守るためにお腹の贅肉を残りやすくリバウンドで腹部でつきやすいのはそのためです。
かしこくキレイにお腹やせを実現するためにこれらの体の反応を理解しておかなければいけません。

腹腔を守るために大切な筋肉は骨盤底筋、腸腰筋、背筋群、横隔膜などのインナーマッスルです。
それらを上手く使えるようにすることです。

それには足腰、骨盤、胸郭、肩甲骨などの柔軟性アップして正しい位置へ調整する必要があるのです。
そうすることで筋肉は自然と正しくキレイに成長していきます。

© 2020 T-BODY